パチンコの優良店を見分ける、店の選び方と下見のポイント

あなたはパチンコ店を選ぶとき、何を基準にして選んでいますか?

好きな台がある?家や会社から一番近い?居心地がいい?店員さんがかわいい?いろいろあると思いますが、多くの人はよく出ている店勝てそうな店を選んでいるのではないでしょうか。

パチンコで勝つためには「優良店」で打つ必要がありますが、「出ている店・勝てそうな店」というだけでは優良店とは呼べません。ではどんな店が優良店なのでしょうか?実は、パチンコにおいて優良店と呼べる条件は1つしかありません。それは・・・

勝てる台がある店

これだけです。勝てる台がなければ勝つことができないので当たり前のことのようですが、これを意識していないとなかなか優良店を見つけることができません。

では実際に、どのように優良店を探していくのかをまとめていきます。

「勝てる台がある店」を選ぶ

パチンコ店の良し悪しを語る際によく「あの店は出る」「あの店は出ない」という話をすることがあります。

この「出る・出ない」という言葉には確かな根拠がなく、あいまいな場合が多いです。調子良く勝っている人は「出る」と言い、負けている人は「出ない」と言います。

また、ドル箱を積んでる人が多く見えれば「出る」、少なく見えれば「出ない」と言います。

パチンコは、自分さえ勝てば他の全員負けようが知ったことではありませんから、必ずしも出る店である必要はありません。極論を言えば、勝てる台が自分の1台だけあればいいわけです。

「出る店」ではなく「勝てる台がある店」を意識するようにしましょう。

下見をする

パチンコ店選びにおいて最も大切なことは、ホールに足を運び下見をすることです。

優良店の情報を得るために、ネットで調べたり人に聞いたりすることはあると思いますが、それだけでは信憑性が低く、実際には自分の目で確かめるしか法方はありません。

下見はパチンコに勝つための過程で最も地味でめんどくさい作業ですが、最も重要な作業でもあります。

パチンコで勝っている人ほど、下見に多くの時間をさいているものです。

下見のポイント

釘を見る

勝てる台を探すために実際には何をすればいいのでしょうか?それは「釘を見る」ということです。

釘はわからない、苦手だという人も多いと思いますが、ヘソが広い方が回りそうだということは誰でもわかるはずです。下手でもかまいません。「釘を見て台を選ぶ」という行動自体に意味があるのです。

回りそうな台をいくつかピックアップして試し打ちをしてみてください。釘の見た目がよさそうで、かつ試し打ちでも回れば優良台である可能性が高まります。

実際には後日じっくり打ってみないと本当に優良台かはわかりませんので、店名と台番号をメモしておいて次回打つ候補にしてください。

逆にピックアップした台が全て回らなければ、その店は優良店ではないと判断し、また別の店を下見します。

閉店前など、お客さんが少ない時間帯に行くと下見しやすいです。

より多くの店を下見する

自分の行ける範囲で、可能な限り多くの店を下見しましょう。単純な話ですが、多くの店を下見した方が優良店に出会う確率が高まります。

有名チェーン店・出ている店・お客さんの多い店だけでなく、出ないと言われている店・ガラガラで見た感じ出そうにない店にも必ず一度は足を運ぶようにしましょう。

お客さんがいなくても、出ていなくても、勝てる台が一台でもあればその店は優良店になり得ます。人のうわさや見た目に惑わされず、必ず自分の目で確かめ判断することが大切です。

定期的に下見する

パチンコ店の状況は日々移り変わりますので、一度だけ下見をすればいいというわけではありません。以下のようにタイミングを決めて定期的に下見をするようにしましょう。

  • 月に1度パチンコを打たない日を決めて下見をする
  • パチンコを打ちに行ったついでに近くの店を下見する
  • 現在打っている店で勝てなくなってきたら別の店を下見する

ランク付けをする

パチンコ店をランク付けすることによって、立ち回りや下見の効率を高めることができます

例えば、自分のテリトリー内に50店舗あった場合、毎回全店舗下見するのは現実的ではありません。

一度行ったことがある店をランク付けしておけば、どの店を優先的に下見をすればいいか、どのくらいのスパンで下見すればいいかなどが判断できるようになります。

下のランク付けは一例で、僕の場合は5段階評価にしていました。

評価評価の基準下見の頻度
S大きく勝てる台がある・勝てる台が何台もあるもしあれば即打ち
A勝てる台がある優先的に下見
Bタイミングによっては勝てる台がある1週間〜数ヶ月に1度
C勝てる台がない数ヶ月〜年に1度
Dぼったくり店しないまたは数年に1度

Aランクの店があれば優先的に下見、なければBランクの店を下見します。経験上、CランクやDランクの店が昇格することはほとんどありませんので候補から省きます。

このようにランク付けしておくことによって、下見をする店を大幅に絞ることができるようになります。

実際にランク付けをしてみると、AランクやBランク店の少なさ、CランクやDランク店の多さに驚くことになると思います😞

終わりに

下見自体はそんなに難しいことではないですが、かなり面倒な作業です。パチンコが好きで今すぐ打ちたいと思っている人にとっては、打たずに見るだけなんて苦行そのものです。だからこそ差が出る部分と言えます。

パチンコで勝つためには「勝てる台を打つ」しか法方はありません。その「勝てる台」を見つけるためには、1店舗1店舗、1台1台、自分の足を使って確かめていくしか法方がないのです。

まとめ
  • 優良店とは「勝てる台がある店」
  • 優良店を見つけるためには下見をする必要がある
  • なるべく多くの店を下見する
  • どんな店でも1度は下見をする
  • 釘を見て、試し打ちをして勝てる台を探す
  • 店をランク付けして効率アップ